富士重工のバイク買取の特徴

バイクを高く売るならオススメのコツがある! > > 富士重工のバイク買取の特徴

富士重工のバイク買取の特徴

富士重工業のバイクは、スクータータイプのラビットとハリケーンです。

ハリケーンは昭和28年に350ccで発売されました。

昭和29年に製造されたキングダイナ250ccT-91型を31年に名称変更したものも31年に追加。

日米富士自転車のオートバイエンジンの転用でした。

同時期に125ccも発売されましたので、3機種となります。

販売が思うように進まず、33年には全ての機種が製造中止となりました。

これらは合計12000台しか生産されていません。

現存している物自体無いのではないか?と言われている一品です。

富士重工業の博物館などでも欲しがっているということですから、もしバイク買取市場出れば、かなりの高値となると予想されます。

もし倉庫に眠っているハリケーンを見つけたら、慎重に売り先を検討しましょう。

スクータータイプのラビットも同様に、バイク買取の場では稀少価値などの付加価値がつきやすい機種です。

ハリケーンほど希少であるわけではないのですが、マニアックな人気を集めているスクーターです。

アメリカ製のポウエルスクーターを研究して、日本にマッチした形で開発されました。

昭和22年135ccの冷却4ストローク単気筒エンジンを採用してスタートしたラビットは、その後フロントサスペンションに手を入れた改良型などもラインナップされました。

昭和34年にはシリーズ初のトルクコンバーターを使った225cc冷却4サイクルサイドバルブ単気筒が、翌年には2ストロークが生産され、発進加速の高評価から、爆発的なヒットとなりました。

その後も様々な改良や発明がいかんなく搭載され、不動に人気を誇っていましたが、自動車の普及やスーパーカブの人気によって低迷。

昭和43年には生産終了となりました。

しかし現在でも根強いファンは多く、バイク買取の場では状態の良いものから部品取り候補に到るまで、かなりの高額査定が出やすい車種です。

販売していた当時、電気スクーターが23台のみ生産されました。

実用には向かず、そのまま改良されることはありませんでしたが、これもバイク買取市場に出ればかなりの高額取引となるでしょう。

富士重工業のバイクはおしなべて珍重される傾向にありますので、買取には業者選びなどは十分な検討が必要です。





バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り



タグ :