Z250の相場

Z250の相場

カワサキのZ250は、2013年から発売されているものに関しても、中古市場でもかなり値崩れが少ない形でバイク買取の場で取引されています。

それが買取相場にも反映し、新車でも50万円を切る手頃なバイクではあるのですが、強化買取を行っている業者が多いのが特徴です。

日本におけるバイク市場の苦戦から海外市場仕様を優先に開発販売する傾向がある中で、日本市場先行販売の形を取りました。

二代目ニンジャがベースとなっています。

この人気も高いのですが、カワサキZ250に関しては、古いものもバイク買取ではかなりの高額査定がつくことが見られる車種です。

1979年に発売されたZ250FTや、単気筒バージョンとして1980年に発売されたZ250FSは、状態によっては当時の新車価格を大きく上回る査定額がつけられることもあります。

250クラスのほとんどはボディスケールを400との共有し、エンジンのみをスケールダウンさせたものであり、その分パワーダウンの感は歪めませんでした。

その中でFTは、専用に開発された車体でエンジンの潜在能力を最大限に引き出したものでした。

そのため人気は急激にあがり、今でも傑作として名高いバイクです。

現在でも根強いファンは多く、状態が良ければ高額査定の可能性が高まりますし、部品取りとして有効であればまたその中でも高く評価されています。

FTの単気筒バージョンとして発売されたFSについても同様に、バイク買取では高く評価される車種です。

アメリカ仕様として発売されたLTDも、高評価です。

新しいバイクはその時の需要と供給がバイク査定額に影響しますが、古い人気バイクに関しては需要と供給のバランスが極短に「供給不足」の方向に振れます。

そのため思わぬ高額査定が飛び出すことも暫々です。

しかしこのようなバイクであると、その価値判断が出来る査定士の専門性の高さが大きく影響します。

付加価値を加味せず年式や状態だけで判断すると、それ相当の査定額しか出てくることはありません。

古いバイクほどバイク買取を検討している際には、「どこで買取利用を行うか」がポイントとなるのです。





バイク一括査定サイトを使って、買取価格を競争させることがバイクを高く良い条件で売るコツです。でも複数のバイク買取業者に依頼するのは大変ですよね?以下のたった3つの一括査定サイトに全て登録すれば殆どのバイク買取業者に査定依頼がいきますので、最も高い価格と条件を引き出せるでしょう。 ただし、バイク王は例外で個別に登録して査定依頼した方が高額査定を引き出せることが多いのです。

バイク王に個別に査定依頼する

No1.「バイク比較.com
※登録時にバイク王への査定依頼のチェックを外してください。

No2.「バイクブロス

No3.「楽天バイク買取一括見積り



タグ :